今日は最終日。予定では唯一のプライベート・デーで、飛行機は夜なので、昼過ぎまでガーデンめぐりをしよう!と張り切っていたのですが、連日のテロとテロ未遂のため急遽予定変更。


昨夜、イギリスのテロの警戒レベルがCritical(一番高い)になってしまったため、早めに空港に行かないといけないのです。ニュースでは昨日テロがあったグラスゴー国際空港で空港の外まで行列ができていて、うんざりしている人々の映像が繰り返し流れていました。ヒースローは去年も大変だったしなーと、JALのホームページを確認すると、荷物制限も今日からさらに厳しくなったとのこと。


悩んだ結果、友人ファミリーとケンブリッジ中心から少し離れたところにある、Grantchesterのティールームに行き、ゆっくりランチをとることにしました。


The Orchard は1868年にTea Gardenとして生まれ、長い間ケンブリッジの人たちに愛されています。
リンゴの木の下でティータイムを楽しむことができるので、週末は家族連れも多いです。




ELY



寒い冬や雨の日のために室内もありますが、この時期は太陽の下で食べたい!
とは言え、今日は晴れ間が見えたと思ったら、突然雨が降ってきたりして、30分と続かないVery English!なお天気。
せめて食べている間だけは降らないで~と思いながら無事に食べ終えました。(*^_^*)



ELY


スコーンは日本のおはぎのように、郊外に行くほど大きくなると言われています。
ここのスコーンはロンドンのホテルの約4倍!?
写真で見るとメロンパンみたいですね。
さらにバター、クロッテッドクリーム、ジャムをたっぷりつけるので、1つでおなかいっぱいです。

ここに行ったのは15年ぶりくらいでしたが、記憶の中のガーデンとほとんど変わっていませんでした。
グランチェスターには萱葺き屋根のコテージや、お花がいっぱいのパブなど素敵な場所がたくさんあります。