London Victoria Coach StationからCambridgeへ。


ロンドンを抜けるまでもテムズ川沿いは観光気分。


ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary



ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary


今朝も快晴で良かった!


ロンドンを出ると窓の外には大好きな田園風景が広がります。


ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary


ケンブリッジに着くと、バス停で学生時代のホストファミリーが待っていてくれました。


今は携帯電話があるので相手を待たせることがなくなりとても便利になりました。(*^_^*)


ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary


ケム川沿いのカフェでお互いの近況を話し楽しいひと時を過ごした後、一度お別れし、私たちはケンブリッジ散策へ。

私が学生の頃はどの大学も誰でも無料で入ることができたのですが、(多分)10年くらい前から観光客は有名大学を見学する際、大人4~5ポンド(千円くらい)くらいの入場料を払わないと中に入れなくなりました。(日本に千円払ってまで見学したい大学ってない気がします。)


それもあって「The Backs」と呼ばれるケム川沿いの大学を裏から見ることを薦められました。

確かにその方が正門側から見るより開放的で美しいので、久しぶりにバックスへ。


ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary


夏のケム川は観光客でいっぱい!


「気持ちよさそう!」ということで超久しぶりにケンブリッジ観光のド定番「Punting」(ケム川下りです)をすることに!


若いガイドが、それぞれの大学や川にかかる橋の紹介をおもしろいエピソードを交えながら40分くらいの観光をします。(腕に自身のある方は自分で漕ぐこともできます。)


St. Jones Collegeのこの建物はその形状から「Wedding Cake」という愛称で呼ばれています。


ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary


1番有名なKing's Collegeのチャペル。芝生と青空とのコントラストが美しい!


他にもTrinity Collegeを通過する時は、チャールズ皇太子がに在籍していた時は4ベッドルームの特別室だったとか、一緒に授業を受けていたボディーガードも試験を受けて皇太子より高得点だったとか、おもしろい話を聞くことができます。


それにしても平坦なイングランドの川って流れがゆったりしていてどちらが上流なのか分かりにくいんですよね。



ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary



ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary


パンティングの後は、川沿い、公園を通って町の中心部へ(遠回りです)。


お花がきれいでピクニックをしている人がたくさんいました。



ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary


クリケットをしているグループも見かけました。


ゲートボールとソフトボールを混ぜたような・・・私にはいまいちルールが分からないスポーツですが、老若男女が一緒にプレイしていてとても楽しそうでした。


ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary


今回はロンドンでも見かけたのですが、自転車のタクシー(と呼ぶのかな?)を見かけました。


ケンブリッジは町の中心部に入ってくる車の数を規制するため、道路にセンサーをつけて住民以外の車を規制するなど、さまざまな試みをやっているようでした。



ELY ONLINE SHOPPE - owner's diary


夕方まであちこち散策して、夜はホストファミリーのお宅でディナーをいただきました。


そして今夜はJesus Collegeに宿泊!


明日はいよいよELYです。